デッドロックとは

家族信託をせず親が認知症になってしまった場合、デッドロックと呼ばれる現象が起こる可能性があります。例えば不動産物件を所有しているけれども判断能力がないと、売買ができない他にも取り壊しも不可となります。そうなってしまうと手つかずとなり放置といったことになってしまうでしょう。そうならないためにも家族信託は重要だと言えます。

家族信託のメリット

相談

判断能力に左右されず財産の管理処分ができる

親が歳を重ねると、判断能力も欠如しはじめ体調にも左右されてしまいます。しかし、家族信託なら本人が元気なうちに財産管理を託せるので受託者主導で財産管理や処分をスムーズに行えるというメリットがあります。親が入院したり介護施設へ入所したりしても、親の代わりに受託者が売却でき、財産の処分もスムーズです。

柔軟な財産管理が実行できる

成年後見制度というものがありますが、様々な負担や制約があり管理をすることが難しいという人もいます。一方で家族信託の場合は、こういった制約はほとんどなく本人が元気なうちに本人の希望や方針をきちんと信託契約書の中に記載することが出来るので、スムーズに財産管理が出来ます。

遺言機能と財産管理ができる

家族信託の場合、本人が亡くなった後も家族同士で財産の管理やその後の売却もできたり、亡くなる前に本人から希望をしっかりと聞いて信託契約書に記載したりできます。そのため、遺言機能と財産管理の二つを、本人が亡くなってしまった後も受託者の下できちんと財産の管理を行っていくことが可能です。

相続の悩みは税理士や弁護士に相談

相続をする上で財産の管理は誰にするか、金銭においては誰にいくら分配すればいいのか親族同士で相続に関する悩みは良くあります。素人同士で解決をさせると余計にこじれてしまう事があるので、相続の悩みは一人で抱えずに税理士や弁護士に相談をしてみましょう。

家族信託や借金問題も相談していこう!力になる存在がいる

相談

借金の返済で困った時は弁護士に相談しよう

なかなか減らない借金、借入先が1社だけではなく複数あって完済のめどは立たずに困っている。そんな苦しい借金事情は、弁護士に相談をしましょう。弁護士に相談をすると、相談者の経済状況や借金額を見て、自己破産手続きを進めてくれます。自己破産となると今の借金が大幅に減額され、完済のめどが立ちます。借金業者からの催促もストップされるので、精神的に追い込まれる心配も軽減されるでしょう。中には無料相談してくれる弁護士も存在します。

ジャッジガベル

自身に適した弁護士の探し方

日本にはたくさんの弁護士が存在しますが、弁護士によっても離婚問題が得意な人と、相続問題に詳しい人、交通事故などそれぞれ弁護士にも得意分野があります。離婚問題の相談に交通事故専門の弁護士に相談しても、解決できないこともあるでしょう。その場合、まず自分が何について相談をしたいのか、あらかじめきちんと決めておきましょう。そして、自分の悩みにあった弁護士さんをきちんと探すことですが、インターネットでは腕のいい弁護士が集まっている事務所を紹介しているページがたくさんあるので、これらから探すといいでしょう。もちろん、家族信託の相談先についても同じことがいえるので、相談先はしっかり見極めておくことが大事です。

残業代請求を大阪でするならここへ★

労働問題は弁護士に相談を?